調剤薬局支援システム Di Premacy ST


[ 製品機能概要説明 | 接続環境 ]





[ 製品機能概要説明 ]





持参薬の鑑別を協力にお手伝い

薬品名がわかっているものはもちろん、裸錠で剤形と本体コードしか手がかりが無い薬品の鑑別も、独自のデータベースと画像でサポート。
先生方のお手を煩わす煩雑な作業を大幅に軽減します。


入力と同時に計算結果が表示されます

入力の度、計算結果をタイムリーに表示。
調剤録、請求情報、加算点数などの項目に瞬時に反映します。


過去の処方履歴を利用しての簡単入力

薬歴イメージで過去の処方を閲覧でき、行ごと、剤ごと、全体Doなどが可能です。
Do処方移行時に錠数、日数の変更もできます。


算定前と後の差額シミュレーション

一包化、代替処方の計算も瞬時に行います。
算定前と後の差額をシミュレーションして表示することができます。



  入力中でも患者さんの登録内容を変更できます

  患者登録画面を開くことなく、住所・電話番号などの変更や追加、
  患者コメントの入力など、処方入力の途中でもワンクリックで直接入力できます。


加算の入力も簡単です

加算は「コード管理」の必要がありません。
入力は番号と、記号をご選択いただくだけで反映します。


サイズ変更もワンタッチ
レイアウトも自由に作成できます


前回の薬袋サイズの発行状況を記憶していますので、処方の変更が無ければ自動で発行。薬袋サイズの変更もワンクリックでOK。係数を設定することで自動サイズ変更にも対応。薬袋一包化や混合などの指示も簡単です。レイアウトは薬局様のご要望に合わせて自由に作成できます。
※水剤ラベルの印刷はオプションとなります。


入力不要の画期的な処方せん読込みシステム

処方せんに記載されている二次元コードをスキャンするだけで、記載されたすべての情報(頭書き、処方内容など)が入力完了。受付業務が大幅に効率化します。また、異なる診療機関からの処方せんも、用法コードを増やす必要も無く対応が可能です。
※QRコードリーダーは別売りです。



処方入力の途中でも在庫管理が可能です

処方入力時に薬剤の在庫数を自動計算して表示。発注漏れ防止にお役立ていただけます。

発注点を自動計算して勧告
受注業務にかかる労力を大幅に軽減します


過去の薬剤使用実績に基づき発注点を自動計算して勧告。受発注データは、入荷入力に自動で取り込みますので、毎日の入荷入力作業を省力化し、日々の受発注業務にかかる労力を大幅に削減します。


コピーなどの手間を抑え
業務の流れをスムーズにします


処方せんをスキャンし画面上に投影、画面を見ながら処方入力が出来ます。 処方せんは即座に受付から調剤室に移動させることができます。


介護保険請求も簡単・確実に

介護請求の入力は、該当日サービス内容を選んでクリックするだけで完了します。 請求画面で確認や印刷ができます。


ラベルプリンターと接続

ラベルプリンターと接続することによって、水薬ラベルなど々なシール・ラベルの印刷にも対応します。